123456789101112131415161718192021222324252627282930
2018-05-28 (Mon)
42巻を改めてよーく読み返してみると、
サイコパスの彼女が、ピンキーリング?、今もはめているのが気になりました。
ホワイトデーのお返し、そういうのを考えても、彼女へ返した理由は、
やっぱり、かつて何か彼女がうまーく仕向けたのかな?

今は別の誰かにご執心、という、お取り巻きの人たちの言う事を考えると、
それでも付けている理由は、敦賀蓮の名前までステップとして使っているか、
万が一の時の第二候補的な・・・?

前に、敦賀さんにもらったんですぅぅぅ、、、
(私の意図じゃないけど頂いちゃった)みたいな、、、
もしそのご執心との事万が一がうまく行かなくても、
蓮でもいい(自分を上げる持ち物としては悪くない)、というような。

色々なキャラクターが出てきたけれど、関わりあいたくない度ナンバーワン(笑)。
蓮、全力で逃げて、と、思います、、、
社さんでさえあの引き加減ってどれだけ、とも。

ははは。

でも、蓮の名前一つで、ほにゃほにゃになるキョーコさんは、かわいすぎて。
はー、、、蓮に見せてあげたい位(^0^)


本誌。
キョーコさん大好き人間としては、キョーコさんへも、蓮へも、
前回、なにしてくれるの!!!、と、
何回か感想を書いてはいたのですが、うまく表に出せるようには書き上げられなかったので、
結局前回は感想がお休みになってしまいました。

キョーコさんのうけた仕打ちはもはや犯罪だけど、
えりかさんのおかげ?で、彼女を潰す事ができてよかった・・・?
えりかさん、お金持ちでしたね。
そもそもお父さんに頼めば全力で潰せるはずでしょうけど、
そこは、えりかさんなりのプライドというか、自分で、と言う感じかな?
キョーコさんを恐らく攻撃してくるだろうと知っていて巻き込むのは許せないけど!
でも、おかげで紅葉が取れたのは良し。
あと、えりかさんが最後前みたいにちょっと元気だったのは良かったです。
歩けるようになって戻ってこられるといいね。

蓮が誰に何されようと、蓮の心は全く変わらない事を考えればあまり気にならないのだけど、
世間(メディア等々?)を通してキョーコさんが、
蓮とお色気女優との事を知るとどう思うかと思うと。
読み手としては、ぎゅーっとなる場面は大好物だけど、
キョーコさんが恋愛しているなあっていう寂しい顔を、
見たいような、見たくないみたいような、
とっても複雑な気持ちです。
見たらぎゅーっとなっていいけど、、、
蓮の心はお色気女優にあらず、と、蓮はキョーコさんに伝える義務もないですしね。

でも、蓮も、キョーコさんが尚にチューされている写真を見て、
心ここにあらずになっているのだから、そうじゃないとお互いがお互い、
言い訳みたいに伝える場面を見たいような気もします。

お互いがお互い、責め合って、そうじゃないと言い訳するのは、
(尚とキョーコさんのチューと、蓮とお色気女優のチューと)、
ちょっとラブですよね、、、
お互い様という言葉は、このように使うものでしたか、、、
蓮はキョーコさんに「二度はないよ」って言いましたけど、実際二度目ですよね。
でもお母さんとキョーコさんの事を知っているから、今回は責められない。
話を、お互いに、沢山、できたらいいかもしれませんね。
きちんと蓮が話を聞いたら、反動でキョーコさんへめっちゃ怒りそうですけど、
それはそれで、ラブですよね~。わー。

以前久遠として、キョーコさんのファーストキス(と認定したもの)は
正面から奪っていましたけどね!
また何度か見返して、私の心の安心感を取り戻そうかな(笑)。

お互いもう好きと言う前に、チューしちゃえばいいのにとも思っちゃう(笑)。
もう互いに、物なんていらない程好きなんだと思うのですが、、、

それでも昨今のニュースのせいか、
キョーコさんが高校生、というのが、気になっています。
蓮が坊に言った様に、「高校生だぞ」と、若干、自分の気持ちに引いていたのも。
大人になれば4歳差なんて全く関係ありませんけどね。
いつか、その辺は、いやみったらしく、尚が釘を刺すのもありかも、とも。
一緒に育った兄弟として、、、本当に好きなら、と。
そうなったらもう終わりが見えてしまいそうな気もしますが、、、(嬉しくて寂しい)。
結婚を前提としていれば、恋愛をしていれば、いいのかもしれませんが、
そういう意味での紳士さとか、誠実さとか、そういうのも、理想としては好きですよ。
待つ時間とか、余裕とか、待てる大人さとかも。
(こちら同人上では話を進め終わらせるという関係でも一切待ちませんけどね!(笑))

最近の回転の速い昨今、それが、待てる作品であるというのは、
読者としても、理想的な贅沢でもあるかもしれません。

最後に、、、
サイコパスの彼女にとって、蓮が自分を彩る一つの色に過ぎないのと同様、
幸せになるつもりもなかった蓮にとっても、女の子たちを、彼女等が思うように喜ばせるのは、
単なる仕事への真摯さや義務感だけの平等な紳士さだったのだろうな、と、、、、
(だから今色々な面倒にまきこまれるという自業自得)。

まっすぐなキョーコさんと、ど直球な恋愛をしてくれる事を願いつつ、、、
42巻を読み返すと、早く何か蓮、キョーコさんへ持って行って!!!と思ってしまう。
蓮なりに、誰もいない所で渡す予定でもあったのかとも思うけれど。。。。

今までの話を前提として、キョーコさんへの蓮の「物」としての、お礼は、なんだろう、、、、
どんどんハードルが上がっていますよね~蓮がんばれっ(^^;)。
たとえ指輪を貰っても、サイコパスの彼女の言葉や態度がよぎりそう。
右手左手薬指なら、どうでしょう、
キョーコさんはまさか自分だと思っていないから、喜ぶ前に、
やっぱり単なる社交辞令と思って悲しくなるのかな。
みんなにそうしているのかもと。
美月の人と同じように可愛いチャームを貰っても、
その他大勢的な義務的な事にぎゅっとなって、
何を貰っても、ぎゅっとなる気もして、ああ複雑♡♡♡(大好物)。

実際蓮がキョーコさんのために本気で選んでしまったら、好きとか言う前に、
どんなものでも買ってしまいそうで(笑)、
恐ろしいほどさくっと使いそうな気もします(^v^)。









| 彷徨 |
2018-03-22 (Thu)
いやいや。
覚悟はしていたけど、ついに。

それはヤバイやつだ。
それはいかんやつだ。
雨宮さんの時もキョーコさんは本当に偉いなと思ったけれど、、、、

まさか。まさか。
何がまさかって、マネージャーもとは思わなかったのですよ。
一番ショックだったのはそっちかな。。。
短絡的でサイコパスっぽい当人はいいとして、
マネージャーさんは一巻の祥子さん的な人だと思っていたので覚悟してなかったから。
(彼女をサイコパスっぽいと書いて、物凄く自分の中でしっくりしてしまった、、、(汗))

あちこち監視カメラもあるだろうし、どうにかまあ、、、
物語なんだと思ってもキョーコさんだから。
愛するキョーコさんだから!!(号泣)。

でも、社さんお願いだから助けて欲しい。。。。。
社さんが一緒で良かった。
キョーコさんいいマネージャーさんつけてもらおう。早く。

蓮が聞いたらと思うとちょっと別の意味で怖いような気もする。
蓮の場合、目だけで殺せそうな気がするよ(笑)。
どうなるんだろう?キョーコさんのために我を忘れてしまうような気もする。
うん。楽しみにしておこう。
(それを妄想しておかないと私がぶっ倒れる。)
(キョーコさん(一応社さんという言い訳がたつ)のために何時間も事務所で帰りを待っていた蓮よ。その手の中に渡すべき何かを持っている事も期待しつつ、、、)


現実本誌逃避(?!)って言うやつですが。
キョーコさん(涙)。。。。


最後の場面は置いておいて、(久々の)蓮と(非常に久しぶりの)貴島さん。
貴島さんみたいに蓮をいじってくれる人は貴重だ~
もっと違う人だと思っていたので、少し意外だけど、蓮が好きなのか。そうなのか。
(追記:ここにあった一行は、読み間違い。コマ飛ばして読んでたので削除しましたよ)
蓮は人にあまり深入りしないから、友人だなんて思ってないだろうけど(笑)。

蓮の地雷を割かししっかり踏んでいるのに
蓮の記憶を全部見抜いて素直に話させるのはすごいと思うよ!!(びっくりしたん)
蓮だもん!!中々それ位ずけずけしいというか、図々しくて鋭くないと(笑)。
そして、貴島さんや社さんみたく押していい深さと引くべき時をきちんと見分けられるような、
非常に勘が鋭い人たちで推し量れる人じゃないと、蓮とは友人にはなれない気がする。

いつか蓮が貴島さんのスケジュールなんか関係なく強引に
引っ張って飲みに行くような事になったらそれはそれで萌えるような気がする。
それは多分全部キョーコさんのせいだから
蓮が恋愛に揺れるのでもいいし、貴島さんに「痴話げんか?」とかからかわれながらでもいい。
蓮にとっては解決したいとか友情とか言うより、単なる話しても構わない同士というか鏡に向かって自分に話すような感じかもしれないけれど。。。そんな日が来るといいなあ。そんな幸せな場面もいいなあ(笑)。

幸せな妄想しないとやっていけない管理人の妄想で終わってすみません。

早く次~~~!!

| 彷徨 |
2018-01-22 (Mon)
今年も宜しくお願いしますー✧✧✧

本誌読みました!
冒頭だけでご飯三杯!

キョーコさーん。・゚・(ノД`)・゚・。



次回以降こっこわい。。。
雨宮さんよりたち悪いやつだ。。。
ドキドキします(;o;)


二次書きたくなる感じな今回の本誌でした。
今年は何かしたいなあ(∩_∩)



| 彷徨 |
2017-12-25 (Mon)
キョーコさんおたんじょうびおめでとうございます☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
素敵なおたんじょうびになりますように。

そしてマリアちゃんも。
元気かな、マリアちゃん。
どんなお姉さんになっていくんでしょう。
お母さんと同じモデルさんになるのかな。
9巻位で、モー子さんとマリアちゃんとキョーコさんで仲良くしていたのが、
本当についこの間のような気がします。
マリアちゃんもきっとそのうち見れる様な気がします。

今日、ちょっと、色々と考えていて、
レイノさんとか、懐かしい人たちの事を思い出していました。

年末年始、久しぶりに41冊、まとめて読んでみようかな♪

みなさまも、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。


| 彷徨 |
2017-12-22 (Fri)
今年最後の本誌も読みました。

前回のキョーコさんの意味が分かってすっきり♪
ず~っと怒った顔をしていたのに、
心の中で怒りながらドストレートに蓮への気持ちを色々あれこれ
言ってくれていたのは、外側で見ている私には、
もはやニヤニヤしかありませんでした!
蓮が本当に大好きなんだね!!
ありがとう、キョーコさん!!(*ノ∪`*)
今年最後幸せになりました。


好きになってしまったら本当にこんなに振り回されるほどストレートだったのですね、キョーコさん。
かわいいなあ、、、、(=∀=)
蓮が好きなコが誰か(嘘でも)分かるだけでこんなに動けなくなるなんて。

そのまま口に出してみればいいんだって思うけど、
ここからの怒涛の揺れ動きは来年以降のおたのしみに取っておきます!!
でも、いいお友達@大事なことを上手に伝えてくれるお友達がいて良かった\(^o^)/

途中のモノローグで「心の中から消えないのも確かなのです」というトコロは、
いつもの口調と違って、様々な意味を含んでいそうで、少し、きゅ、とした部分です。

最初は、蓮は彼女を好きではないけれど、
仕事の一環としてプレゼントをしたのだろうと、思えてしまう部分もある、という、
そのままの意味に捉えたのだけど、、、、

あのコに、仕事のためだけ、その方がスムーズに行くからプレゼントしたという、
蓮の性格からして、虎視眈々としたどこか冷淡な意味に捉えている部分と、
ローザ様が出てきているので、だからこそ、自分も、ローザ様も?と、
両方を感じたのは私だけでしょうか・・・?深読みしすぎ?
(蓮やローザ様は疑ってないのだけど、そこに恋愛は関わってない事が寂しいの意味)

百瀬さんにも、彼女にも、そういうなんというか思わせぶりな素敵なものを
誰にでも送る蓮を思うと、もう本当に蓮は!!と思ってしまうのですが、、、
(それに気付くたび、キョーコさんは少しずつ傷ついているというのに)

あのモノローグ、そこまで深い意味はないのかな??
なんだかキョーコさんと共に寂しくなってしまったのは私だけ?
あまり、もやりんとして、言葉にしたくない部分というか、、、、

ローザ様を貰ってから10冊以上話が進んだけれど、年月的には3ヶ月位、
(しかも他の人はもう貰っているのに、
自分だけ何かキラキラなホワイトデーのお返しは貰っていない)
色々な恋愛における寂しさ(醍醐味)といいますか、改めて言葉にしてみると、
何か、きゅーっとなる事の多かった一年でした(笑)。

だからこそ、その寂しさの10倍の何かお返しを蓮が持ってきてくれるだろうことも、
来年に期待して、、、、(^^)
指輪でもなく、きらきらなチャームでもなく、
蓮がキョーコさんのために心から選ぶものってなんでしょう。
かえってこれで指輪だったりすると、キョーコさん(あのコと同じ扱いみたいで寂しくて)
心の中で泣いちゃうと思うし本当に大事な人にだけ、と、返してしまいそうな気もする。
(かえってそういうこじれた話は私のドストレートに好みですがここは妄想に留めます。。。)

もーーー!!本当に相手が蓮なのか本当に厄介なんだ。
全部いつでも「敦賀蓮」だから。本当を見せないから。
プレゼントは、心から送ってくれたら本当は何でも良いの。
たとえ指輪でもいいの、ネックレスでもいいの、いつでもつけていて、と、一言、
今は好きとは言えないけれど、まるで特別、まるで好きみたいに言ってくれたら。
ああ、ものじゃないのかもしれないし☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
想像だけで右往左往、ご飯三杯!!(しあわせです)
待っている間が幸せ(*´∀`人 ♪ということで、今年も終わりたいと思います。



***************


2017年もありがとうございました!

すっかり何も書かずに一年終わってしまいました。

書きたいことが沢山ある中で、限られた時間の中で時間が足りず
形に出来ずに終わるのは、たぶん、とても幸せな事なのかもしれません。

今年はピアニストに始まり、ピアニストに終わった一年でした。
アンスネスから始まり、一年ずっとアンスネスのピアノを聴いていました。
聴くというより流れていると体が楽だったので、ごく自然な事でした。
それから、最近しばらく、徹子さんのドラマ、トットちゃん!にはまっておりました。
どこからどはまりしたかといえば、世界的ピアニストさんが出てきたあたりから。
世界的ピアニストと、女優の徹子さんとの遠距離恋愛、
公演の合間、たった一日会うために、パリに行くとか、日本に来るとか、
何だかどこかで私が形に起こした話に似て、まるで生きる恋愛小説、、、、
結婚と言う形に縛られず、絶対にくっつかない、でも、心底信頼しあっている、
最大の愛かもしれません。
作中も素敵な言葉がとても多くて泣いてばかりいました。癒される時間でした。
徹子さんご自身の半生とは思えないほど物語の中の人のようで、事実は小説より奇なり、
まるでよい小説を読むようで、本当に素敵だなあと思ってみておりました。物語なんだけど、、、、
今日でドラマが終わってしまうのが本当に寂しく感じます。


今年もありがとうございました。
また来年もよろしくおねがいします。

よいクリスマスを、そして、よい2018年をお迎えください。

クリスマス、最後にもう一度、キョーコさんのお誕生日を叫びにきたいと思います。

いつも寄ってくださった皆様、本当にありがとうございます。



| 彷徨 |