FC2ブログ

とてもありがたいこと

-
loveinc
とてもありがたいこと、というタイトルにしたのは、
一瞬にして気持ちを切り替えさせてくれるお香の話。

元々私にお香を使う習慣はありませんでした。
が、数年前、読者様からスキビにひっかけて、
「京都で作られた蓮の香り」のお香をプレゼントして貰いました。

桐の木箱に入っていて、勿体無くてしばらく飾ってあったのを、
ある日使ってみた後の、気持ちのよさ。それは言葉にしがたい気持ち。

蓮のお香、一箱に30本ぐらい入っていたのですけど、あまりの気持ちよさに
たった二日で使い切ってしまいました。
まるでよろしくないモノの中毒患者みたいですね・・・。
今はそんな事はないですけど、二三本続けて焚く事はあります。

その後、生活の様々な場に取り込むようになり、すると、リピートしやすい価格でいい香り
を捜し求めて早数年。結局今は、一箱300円程度の無印良品の白檀の香りと、ラベンダーを使っています。もっと開拓したいです・・・(何かいいのがあったら教えてください)。でもいい香りというのは物凄くプライベートな感覚ですので、皆さんにオススメするわけではありません。

香水は試せる事が多いですが、お香は焚いて試せないので、はずれを引いた時のガッカリ度もまた大きいです。箱に入った状態で「あ、いい香り」と思って家に帰って焚くと、「わ、合わない・・・」と思う事もしばしばです。

香道という世界もありますね。香りが大好きなので、こうした世界に足を踏み入れてみたいな、とたまに思います。今はムリですけど、一度、死ぬまでには・・・・!と思っています。

すっごくイライラしてしまった時、その後ものすごく疲れるし、落ち込みますけど、
好きな香りのお香を焚くとそのイライラいっきにぶっ飛びます。

オンオフスイッチの切り替えは早い方で、いつもなら職場を出ればすぐに忘れてしまうのですけど、今日は帰りがけ珍しく仕事を引きずり、部屋に帰ってきてまずした事が「お香を焚こう!」、およそニュートラルに気分を戻したいなと思ってお香を焚いたのだと思うのですけど、お香が減っていくに従い、頭の中は無事空っぽになりました。その時に、その感覚というか無意識の心地よさを言葉でようやくうまく感じ取ったので、書いてみました。

今では、香りが、直接脳の本能的な部分に働く、という事を、
話を書く上での資料として香りの本を何冊も読み、言葉で知る事が出来ましたが、
自分が無意識にしている行動、意外と言葉にならない事、とっても多いと思います。

無意識にしているからこそ感じ取るのがすごく難しいので、
言葉で知らない時、自分の中身を覗いて感じ取る事も意外と私は楽しかったりします。
「あ、そっか」って思った時の心地よさ、というのでしょうか。
じ~っと自分の頭の中を見つめる時間にもまた、お香が焚かれたりします。
なので創作にも一役買ってます。とてもありがたい存在です。

(追伸:関西方面の雨のすごい地域の皆様の安全をお祈りしています)

loveinc
Posted byloveinc