123456789101112131415161718192021222324252627282930
2017-12-22 (Fri)
今年最後の本誌も読みました。

前回のキョーコさんの意味が分かってすっきり♪
ず~っと怒った顔をしていたのに、
心の中で怒りながらドストレートに蓮への気持ちを色々あれこれ
言ってくれていたのは、外側で見ている私には、
もはやニヤニヤしかありませんでした!
蓮が本当に大好きなんだね!!
ありがとう、キョーコさん!!(*ノ∪`*)
今年最後幸せになりました。


好きになってしまったら本当にこんなに振り回されるほどストレートだったのですね、キョーコさん。
かわいいなあ、、、、(=∀=)
蓮が好きなコが誰か(嘘でも)分かるだけでこんなに動けなくなるなんて。

そのまま口に出してみればいいんだって思うけど、
ここからの怒涛の揺れ動きは来年以降のおたのしみに取っておきます!!
でも、いいお友達@大事なことを上手に伝えてくれるお友達がいて良かった\(^o^)/

途中のモノローグで「心の中から消えないのも確かなのです」というトコロは、
いつもの口調と違って、様々な意味を含んでいそうで、少し、きゅ、とした部分です。

最初は、蓮は彼女を好きではないけれど、
仕事の一環としてプレゼントをしたのだろうと、思えてしまう部分もある、という、
そのままの意味に捉えたのだけど、、、、

あのコに、仕事のためだけ、その方がスムーズに行くからプレゼントしたという、
蓮の性格からして、虎視眈々としたどこか冷淡な意味に捉えている部分と、
ローザ様が出てきているので、だからこそ、自分も、ローザ様も?と、
両方を感じたのは私だけでしょうか・・・?深読みしすぎ?
(蓮やローザ様は疑ってないのだけど、そこに恋愛は関わってない事が寂しいの意味)

百瀬さんにも、彼女にも、そういうなんというか思わせぶりな素敵なものを
誰にでも送る蓮を思うと、もう本当に蓮は!!と思ってしまうのですが、、、
(それに気付くたび、キョーコさんは少しずつ傷ついているというのに)

あのモノローグ、そこまで深い意味はないのかな??
なんだかキョーコさんと共に寂しくなってしまったのは私だけ?
あまり、もやりんとして、言葉にしたくない部分というか、、、、

ローザ様を貰ってから10冊以上話が進んだけれど、年月的には3ヶ月位、
(しかも他の人はもう貰っているのに、
自分だけ何かキラキラなホワイトデーのお返しは貰っていない)
色々な恋愛における寂しさ(醍醐味)といいますか、改めて言葉にしてみると、
何か、きゅーっとなる事の多かった一年でした(笑)。

だからこそ、その寂しさの10倍の何かお返しを蓮が持ってきてくれるだろうことも、
来年に期待して、、、、(^^)
指輪でもなく、きらきらなチャームでもなく、
蓮がキョーコさんのために心から選ぶものってなんでしょう。
かえってこれで指輪だったりすると、キョーコさん(あのコと同じ扱いみたいで寂しくて)
心の中で泣いちゃうと思うし本当に大事な人にだけ、と、返してしまいそうな気もする。
(かえってそういうこじれた話は私のドストレートに好みですがここは妄想に留めます。。。)

もーーー!!本当に相手が蓮なのか本当に厄介なんだ。
全部いつでも「敦賀蓮」だから。本当を見せないから。
プレゼントは、心から送ってくれたら本当は何でも良いの。
たとえ指輪でもいいの、ネックレスでもいいの、いつでもつけていて、と、一言、
今は好きとは言えないけれど、まるで特別、まるで好きみたいに言ってくれたら。
ああ、ものじゃないのかもしれないし☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
想像だけで右往左往、ご飯三杯!!(しあわせです)
待っている間が幸せ(*´∀`人 ♪ということで、今年も終わりたいと思います。



***************


2017年もありがとうございました!

すっかり何も書かずに一年終わってしまいました。

書きたいことが沢山ある中で、限られた時間の中で時間が足りず
形に出来ずに終わるのは、たぶん、とても幸せな事なのかもしれません。

今年はピアニストに始まり、ピアニストに終わった一年でした。
アンスネスから始まり、一年ずっとアンスネスのピアノを聴いていました。
聴くというより流れていると体が楽だったので、ごく自然な事でした。
それから、最近しばらく、徹子さんのドラマ、トットちゃん!にはまっておりました。
どこからどはまりしたかといえば、世界的ピアニストさんが出てきたあたりから。
世界的ピアニストと、女優の徹子さんとの遠距離恋愛、
公演の合間、たった一日会うために、パリに行くとか、日本に来るとか、
何だかどこかで私が形に起こした話に似て、まるで生きる恋愛小説、、、、
結婚と言う形に縛られず、絶対にくっつかない、でも、心底信頼しあっている、
最大の愛かもしれません。
作中も素敵な言葉がとても多くて泣いてばかりいました。癒される時間でした。
徹子さんご自身の半生とは思えないほど物語の中の人のようで、事実は小説より奇なり、
まるでよい小説を読むようで、本当に素敵だなあと思ってみておりました。物語なんだけど、、、、
今日でドラマが終わってしまうのが本当に寂しく感じます。


今年もありがとうございました。
また来年もよろしくおねがいします。

よいクリスマスを、そして、よい2018年をお迎えください。

クリスマス、最後にもう一度、キョーコさんのお誕生日を叫びにきたいと思います。

いつも寄ってくださった皆様、本当にありがとうございます。



| 彷徨 |
2017-11-20 (Mon)
読んだ~♪

キョーコさんの珍しいの反応に、珍しいな~と思いながら見ておりました。
珍しいというか、わたしの勝手な思い込みなんだと思うけれど、
自分の深いところに入れた人以外
他人にあまり感情を深く動かさないキョーコさんだと思っていたので
(冷たい人の意味ではなくて、人との境界線がきちんと出来ている人の意味)
今までとちょっと違う反応だと思うのは、他人のためだから?
一体どういう意図で最後のシーンだったのかが気になります~(^^)

仕事を超えて仕事するんですかね。
腹が立ったのか腹が据わったのか、
戦闘モードに入ったのかは分かりませんが、
キョーコさんの反撃?モード??は楽しみです。
カナエさんの冷静さが今回のシリーズでは結構好み♪


で、先月言っていた41巻記念に書こうと思ったものは、
まとめてみたら、多分本が一冊できてしまうのではと思うほど膨らんでしまって、
膨らませるならきちんと書かなきゃとなって、
結局脳裏でアレコレ見ただけで今の所まだ脳内動かし中・・・・で、一ヶ月が過ぎました・・・
表に出したい所ですが、どうでしょう。


先日、都内の電車の中で、
大学生くらいのおねえさんたちが、広○すずさんについて映画をアレコレ見に行った話から、
「やばい、すず、かわいい、かわいすぎる、ホント抱きたい~」
「うんうんすごいわかる~!」と会話をしていました。

おお、今の子は本当に好きで可愛いと思ったら、
抱きたいような気持ちになるのか、へ~~~と思って聞いていたのですけど、
そういえばわたし、キョーコさんはそう思うので、
「(やっぱりお姉さんたちのその気持ち)すごいわかる~!」と思った瞬間でした。。。。

キョーコさん命。
そーいえば前々から蓮の視点でキョーコさんを・・・が好きなんだった。。。。
わかるよおねえさん。。。。!





| 彷徨 |
2017-10-20 (Fri)
読んだ~♪(^^)。

今回は初日に買いにいけたから波に乗れて嬉しい。


1冊カッコいいキョーコさんがいっぱいで嬉しかった(^^)。

本誌は、一言では言い表せないのですが、、、
41巻~ずっと社さんが素敵過ぎる!!(笑)、ということと、
キョーコさんがモー子さんについた精一杯の嘘が可愛いな、、、と、、、
無理だよね・・・・無理だよ。相手が相手だもん。名前だって言えないよね・・・
モー子さんだってバカじゃないから、嘘だって心の中で気付くとは思うけれど、
それでもきっと、それを追求しない優しさがあるのもモー子さんのいい所・・・

でもどれだけキョーコさんは色んな人のことを大事に好きなんだろう。
キョーコさんを大事に思ってくれる人もきっといっぱいいるはず・・・。
いつか本当の話ができた時きっとモー子さんなら許してくれる・・・と願います(^^;)。


どうしても、一つ書きたくなってしまった話があって、
どう纏めようか、ふよふよふよ・・・と、最近考えていたところに、
41巻読んだらなおの事書きたくなって、41巻記念に書く予定。
いつ仕上がるかは不明、でも今月中には仕上げたい!!!
たんにまだモヤモヤしているだけだけど、このモヤがないと
何も書けないので、久しぶりに書きたい衝動。
わくわくしてきた。


今年一年忙しすぎて何も出来なくて、気付いたら今日でサイトも12周年。
(2005年10月20日~)
干支も一回り。13年目に入りました。

ありがとう~(^^)。

関わってくれた全ての方に感謝。

もう、殆どサイトも動かしていないけれど、生存報告に近いけれど。


今度は近いうちに出てこられますように。




| 彷徨 |
2017-08-28 (Mon)
ごぶさたです。
もう夏も終わりに近づきました。
あと4ヶ月位で一年が終わるというのはすごく不思議です。

蓮がキョーコさんとショータローの件を見る、というあたりから、
やっぱり、そろそろ連載が終了する覚悟をきめなきゃならないかなあと
一抹の寂しさと、この展開を10年以上心底望んでいたので、
見守りたいなあと思っています。
といっても、まだまだ終わらないかもしれないし!!
まだまだもう少しよろしくおねがいします。

でもやっぱりスキビらしいな~と。
蓮の方の新たなお仕事も大きそうですね。
終わるまでもう少しきゅんきゅんしていたい。

今号の、キョーコさんのぎゅ~な心情はわかる~(>_<)
蓮よ、キョーコさんに、お早めに素敵な何かを。
物でなくてもいいから。

キョーコさんが周りの声が聞こえなくなるのは、
お母さんか、蓮か、ショータロー(時にレイノもあったっけ)、位なもんです。
仕事も忘れてしまうほど、恋心に没頭するキョーコさん。
本人はいやだろうけど、かわいい。 ・・・←。

キョーコさんが
お返しをもらっていないことにしゅんとするのはこちらから見ている分には
ニヤニヤするかんじです。
白くなっているキョーコさん、何でかきれいでかわいかった。。。
蓮に見せてあげたい。うん。


たまたまたまたま、年齢と状況が合ってしまったのは仕方ないけれど、
女の子に、過去にそんな思わせぶりなプレゼント、
本当にアンタは罪な男だ、蓮!!と思わず思ったしだいです。
(数年前の彼の場合、流行や店員さんのおすすめとか雑誌とかで学んだりして
あまり深く考えずにプレゼントしていると思われ・・・・(汗))


余談ですが。
今の3つ星グルメ?でしたっけ?、という、
猫ちゃんフードのCMの猫ちゃんが、実家猫の第一号(故)にそっくりで、
見るたびに、呼びかけてしまいます。
CMの子はラグドールではないかもですが、毛色や毛並み、
顔や模様までそっくりで(;▽;)。



| 彷徨 |
2017-05-22 (Mon)
P_20170522_145957[1]

・・・・いえ。石ころの写真、なんですけど・・・。
富山と新潟の県境の海岸に、ひすい海岸といって、
ひすい(や石英類)がゴロゴロ転がっている海岸があり、
昨日子供が海に行きたいと言ったので、行ってきました。
石がいっぱい、中々楽しい一日でした!
何の事はない石ばかりの素朴な海岸なんですけど、よく見るとヒスイがあったりして、
子供にとってはトレジャーハンター気分で楽しかったようです。

写真は、おもわず見て「ハンバーグ石♪」と思ってしまって持って帰ってきたものです。
特にヒスイではありませんが、このなんの変哲も無い石でさえも、何か月面みたい。
石の海岸なので、石同士が長い期間こすれあい、殆どの石が自然研磨されています。
これも我が家の庭石にさせていただく予定です。


本誌♪
キョーコさん、かっこよかったですね!
私ああいう天才(で変態で偏屈・・・)な芸術家プロデューサーも好きです。

それから、「彼」のお名前が分かって新鮮でした(^^)

次回からまた久々のたのしきモードに戻りますかね。
わくわくしますね。うきうきしますね。
どちらの方向に転んでも私は好きです!

あの写真を誰が撮ったのかにもよりますけど・・・
社長・・・本当に・・・色々な人の色々なスイッチを押すの上手!(笑)

その先をアレコレと想像しつつ。
昨日何とはなしに考えました。
尚はキョーコさんと同い年なので何があってもまあいいですけど、
蓮は成人しているので、キョーコさん高校生、うーん、一応社会性も考えて、
物語上、高校生である間は何事も無いのではないかと・・・・
何事かあっても結婚前提ならいいの?
18歳過ぎたらいいんでしょうか?それとも、20歳?
・・・・と、昨日海まで移動中に、ぼんやりと、そんな事を考えておりました・・・。
実際一般社会ではある程度恋愛感情があれば緩やかですけど、
こと芸能界だと最近表向き厳しいな、と、そんな事がよぎりまして。
散々色々妄想垂れ流して書いてきておいてアレですが(笑)。


そんな事を考えていた今日この頃でございました!

ではでは、急に暑くなってきているので、
皆様お体お大事になさって下さいね!


| 彷徨 |